理化学研究所の研究グループなどが新たな万能細胞「STAP細胞」の作製に成功したと発表したことが刺激材料となり、バイオ関連株が急騰。(2014/1/30)

セルシード (7776) +23.67%新万能細胞STAP関連銘柄
新日本科学 (2395) +19.33%
JCLバイオ (2190) +16.77%
DNAチップ (2397) +16.18%
免疫生物研究 (4570) +9.98%
コスモ・バイオ (3386) +8.79%
トランスジェニック (2342) +6.93%
イナリサーチ (2176) +4.87%
メディネット (2370) +4.62%
ジャパンティッシュ (7774) +4.52%
理経グリーン (9992) +24.54%

バイオ関連銘柄一覧

4974 タカラバイオ 遺伝子研究用試薬や理化学機器販売

4571 ナノキャリア がん領域に特化した創薬ベンチャー

7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J・TEC)再生医療:自家培養表皮、軟骨、角膜上皮を開発
・iPS臨床研究承認を受けて大幅高 2013-06-27 
・自家培養軟骨ジャックが保険適用に 2013-03-13

7776 セルシード 細胞シート再生医療
・新たな万能細胞「STAP細胞」の作製に成功のニュースを受けて急騰 2014-01-30
・iPS臨床研究承認を受けて大幅高 2013-06-27
・欧州で製造販売承認を申請していた「角膜再生上皮シート」の申請を取り下げ 2013-03-15

4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWTI)
・iPS臨床研究承認を受けて大幅高 2013-06-27

2191 テラ
・iPS臨床研究承認を受けて大幅高:理化学研究所認定のベンチャー日本網膜研究所に出資している 2013-06-27 

4579 ラクオリア創薬
・iPS臨床研究承認を受けて大幅高 2013-06-27

2395 新日本科学
・新たな万能細胞「STAP細胞」の作製に成功のニュースを受けて急騰 2014-01-30

4570 免疫生物研究所

2397 DNAチップ研究所
・新たな万能細胞「STAP細胞」の作製に成功のニュースを受けて急騰 2014-01-30

4583 カイオム・バイオサイエンス 理研発の創薬ベンチャー

2385 総医研ホールディングス

4557 医学生物学研究所
・2014-09-13 完全ヒト型抗デングウイルス抗体の開発に成功したと発表
・2013-03-13 JSRとの資本および業務提携 ストップ高
・2013-03-07 米IDT社との核酸受託合成サービスの合弁会社設立

7777 3Dマトリックス ペプチドを用いた止血剤

2190 JCLバイオアッセイ
・新たな万能細胞「STAP細胞」の作製に成功のニュースを受けて急騰 2014-01-30

4564 オンコセラピー・サイエンス 空売りできる貸借銘柄|がん治療ワクチンなど

2370 メディネット がん免疫細胞療法

2399 綜合臨床ホールディングス

4582 シンバイオ製薬

7707 プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)リプロセルに出資

4565 そーせい  

2176 イナリサーチ 

2160 GNIグループ  

2342 トランスジェニック

4552 日本ケミカルリサーチ

2369 メディビック

4563 アンジェスMG

4584 ジーンテクノサイエンス

4585 UMNファーマ ヤクルトなどとがん領域の抗体バイオ後続品で共同事業
・2013-03-13 インフルエンザHAワクチンについて、第Ⅲ相臨床試験において良好な結果
・2013-03-06 アピ、ヤクルトと共同事業合意

4875 メディシノバ

4586 メドレックス 皮膚に貼る微小針を帝人と共同開発

4587 ペプチドリーム
・ファイザーとの共同研究開発の解消を発表してストップ安 2013-06-26

4978 リプロセル 2013-06-27に上場

6340 澁谷工業 バイオ3Dプリンター

などなど…

なかなかのメンツですよね。

 

ちなみにこのバイオベンチャーですが、事業内容を大きく分けると2つに分類できるようです。

研究支援系(研究用機器・試薬の販売など|iPS細胞関連)

タカラバイオ、DNAチップ研究所、プレシジョン・システム・サイエンス、
トランスジェニック、免疫生物研究所

創薬系(新薬創出や技術提供)

ナノキャリア、オンコセラピー・サイエンス、そーせい、3Dマトリックス
UMNファーマ、カイオム・バイオサイエンス、日本ケミカルリサーチ

 

創薬(新薬の開発)や iPS細胞(人工多能性幹細胞)関連のニュースで度々湧き上がります。

山中教授がノーベル医学生理学賞を受賞したのは大きいですね。

新政権が経済政策の重点項目に上げたことも注目されている要因です。

個別でもニュースが出まくっていて、ストップ高で張り付くことが多いです。

バイオ創薬系1_20130206
マネックス証券 MarketWalker

 

過去記事

最近、バイオ創薬関連銘柄が熱いです(2013春)。
かつてネット関連,直近IPO銘柄ブームなどがあり、当時は嵐のように乱高下し稼げる時代がありましたが、それを思い起こさせる動きをしてくれています。各銘柄、1日で20%以上動くことも多く、かなりやりやすいのでデイトレーダーにお勧めのセクターです。